浮気調査過去事例

タイ人女性の嘘

Facebook にシェア

【浮気調査事例】soi1

依頼者:日本在住の日本人50代男性(仮名T)
対象者:タイ在住のタイ人20代女性(仮名N)

「仕事はしなくていいから、おとなしくしてなさい」。
「一日中、仕事もしないと暇でしょうがないから、店に出てもいい? でも、オフはしないからいいでしょ」
押し切られるように承諾した。

数年前に、タニヤのカラオケで知り合い交際するに至った。
T氏は仕事で年に数回、月単位で出張でタイに来るが、日本には家族もある。
仕事仲間と共に、たまたまタニヤに立ち寄った店で出会ったのである。
当時のNさんは、タニヤの有名店に勤務しており、俗にいう連れ出し(オフ)OKの女性で
(在籍する店にペイバー料として、店にもよるが600THB支払えば、店外に連れ出しができるシステム)あった。
T氏の宿泊するホテルに連れ帰り、その後の週末はいつもNがT氏のホテルに泊まり、
情事を重ねる関係を約半年ほど続けたのであったが、T氏が出張を終え日本に帰国してからも、
毎月Nさんに30.000THB振り込んでいる。

帰国して数か月間は、LINEでやりとりし連絡が取れる状況であったが、3か月が経過したころから、連絡が取れない日が多くなったので一回、振り込むのをやめてみたらすぐに電話があったが無視した。
毎月振り込むことを約束したのには、4つの条件があった。

① 店の仕事をやめること
② 特定の彼氏をつくらないこと
③ いつでも連絡がとれるようにしておくこと
④ Nからは電話しないこと
入金を止めたことにより連絡があってから、T氏から電話を入れた。
話をしていると電話の向こうからなにやら男の声がする。

「そこに男がいるのか?」
「ああ、いとこが田舎から遊びに来てるのよ」
「そうか。いとこ(O)か、長い間いるのか?」
「田舎では仕事がないからバンコクで仕事を探しているの。だからその間だけ。そんなことより今月分の入金がないわよ」

【事前調査】

タイは雨期の真っ只中で土砂降りの中、調査に入る前に事前調査で対象者のアパートへ向かったが、そこに対象者はしばらく帰ってきていないことが判明した。
N象者の住んでいるアパートや依頼者が買った中古車もここにはない。
作戦を変更せざるを得なくなり、スタッフと戦略を練り直す。

【調査依頼内容】

① 調査対象者の勤務先
② 調査対象者の現在の住居
③ 従兄弟(O)の身元
④ オフの有無

【調査実施】1日目 天候:曇り時々晴れ

① 19:00 以前の勤務先である店に行き、対象者が仕事をしているかを確認するが、仕事はしていなかった。
『タニヤの女は、必ずタニヤに戻る』
と確信し聞き込みを行うと、新しい仕事場が判明した。
② 20:17 調べ上た店に客として潜入すると、そこには確かに調査対象者の姿があった。
だが受け取っていた写真とは雰囲気が少し違う。
対象者を指名し、一緒に酒を飲みながら本人と話をすると、鼻にシリコンを入れたことがわかった。
さらに対象者の胸には(オフ禁止)リボンが見当たらないので、さりげなくオフはできるか確認すると泊りはダメだが休憩ならOKだという。
③ 22:20 その場は対象者にチップを渡し、退店して外で営業時間が終わるまで待機。
④ 01:18 対象者が着替えを終え、店から出てきた。
対象者は、真新しい一台のバイク(O)の後ろに、何のためらいもなく乗り走り去ったので、待機していたバイクチームが追跡する。
⑤ 01:39 対象者は、バイクの運転手(O)とベタベタといちゃつきながら
(これは『いとこ』ではなく、間違いなく男だと確信)食事をしている。
バイクチームと自動車チームが合流し、対象者の現在の住居を突き止める調査が残っているので、食事が終わるのを待つ。
⑥ 02:54 再びバイクの後部にまたがった対象者は、ラチャダーのアパートの一室へ入っていった。
これで対象者の現在のヤサは割れた。
調査時間:8時間一日目の調査終了。

2日目 天候:曇天

翌朝、依頼者に連絡を取り報告。
確信を得るために通称『いとこ』(第二対象者)Oの身元を調査してほしいとのことで、
16:00から2日目の調査が始まった。
① 16:37 対象者のアパート前で、張り込みを続けるバイクチームから動きがあったとの報告
② 16:52 Oの運転する自動車(T氏購入)で美容院にいた。
バイクチームには、そのまま対象者とOを尾行させることにした。
③ 17:44 対象者の住むアパートで聞き込みを開始すると、
1年も前からこのアパートで同棲している。
対象者より2歳年上で、コンケーン出身の男だということが判明。

(つまり対象者はT氏と週末を過ごしながら、平日はT氏が借りているアパートではなく、ラチャダーのアパートにてOと同棲していたことになる。しかも、T氏のアパートは解約せずにT氏の来タイに合わせて、あたかもこのアパートに住んでいると装っていた。一方Oは仕事もせず、対象者のヒモとして送り迎えをしているだけのメンダーだった)

④ 18:26 バイクチームの報告によると、出勤前に屋台で二人は食事をした後、Nは店に出勤したとのこと。
⑤ 19:30 バイクチームの日本人リーダーを、店に客として潜入させて対象者を指名し、オフを持ちかけると昨夜同様の返答だ。これで完全に『クロ』となった。
⑥ 20:50 店から出てきた。

依頼者に連絡を取ると「わかりました。調査を終了してください」と静かな声でつぶやいた。
あの真新しいバイクも、Tさんからの送金で買ったんだろうな。
調査時間:2日目(実働5時間)

【調査時間:2日間(実働13時間)】
(プライバシー保護のため社名や個人名は全て仮名とし、一部に脚色を施しています。また、文中での写真はイメージで本件とは関係ございません)

お問い合わせの内容が、こちらでよろしければチェックを入れてください。

Facebook にシェア

コメントを残す

*

CAPTCHA


EnglishGermanJapaneseRussianSpanishThai