浮気調査過去事例

シラチャ単身赴任者

Facebook にシェア

【調査事例soi2】

依頼者:日本在住の40代日本人女性(仮名Kさん)
対象者:シラチャ在住40代日本人男性(仮名Sさん)

「不倫大国世界一のタイ」
自分より収入もあり、それなりの経験を重ねた年上の男性を、魅力的に感じる女性は少なくありません。
しかし、顔が可愛い、スタイルが良いと言うだけで不倫相手を選ぶと、後々大変なことになることは本能で察知します。
また、自分の行動を逐一SNSにアップする女子も警戒したほうが良いです。
高級ブランド大好き女性や、常に周囲から注目されたい女性は対象にはなりにくく、不倫相手としては適している女性とは、普段からあまり口数が多いタイプではなく、おとなしくて口の堅そうな女性、そして流行に興味のない女性は不倫相手として適しているようです。
しかし、『そこそこ優等生』タイプの男性は、浮気が本気になってしまうので要注意ですね。

「子供たちのことは、お前に任せてるから、いちいち相談しなくていいよ」
「そんなこと言ったって、一人では決めれないこともあるわ」
「いいよ、任せるから」

主人がシラチャに単身赴任中で、赴任してから半年が過ぎました。
赴任当初は、LINEやFacebookでやりとりをしていましたが、最近は連絡回数が急に減って
私が連絡しても、面倒くさそうだし子供の進学相談をしても、以前とは違って興味がなく「どうでもいいって」いう感じです。
主人は性格的にも真面目で、日本では浮気の兆候は全く感じなかったのですが、
明らかに以前の主人とは対応が違い、何かおかしいという『妙な違和感』を感じます。
真面目な性格ゆえに、もし女性関係が違和感の原因だとすると、単なる浮気では済まなくなり、本気になると思うのです。
将来のことはわかりませんが、今は子供達にもお金がかかる時期ですので、そうなる前に事実を知って、対応できることは対応したいと思っています。

【調査依頼内容】

① 女性関係調査
② 調査期間一週間(月曜日~金曜日は仕事帰りから調査。土日の2日間は朝から夜まで)

【事前調査】

事前調査のため月曜日の当日、朝からシラチャへ自動車チームとバイクチームに分かれて移動。
① 調査対象者の居住しているマンションの場所と部屋の位置を確認
② 勤務先の場所を確認
③ マンションの出入り口が目視できる場所に、駐車スペースが確保できないので、斜め向いにあるカフェを待機場所とする。
④ 尾行車の使用を断念し、バイクチームの他にレンタルバイクを1台手配する。

【調査開始】

1日目(月曜日)天候:雨

① 18:30 雨期に入り、天候が不安定な中で張り込みを開始した。
② 19:10 雷が鳴りはじめ、叩きつけるような雨に変わった頃、調査対象者は会社のバスで帰宅した。
(平日は、この位の時間帯に会社のバスで帰宅するようだ)
③ 20:06 マンション1階にある、タイ飯屋に降りてきた。
④ 20:41 ビール1本と簡単な食事を済ませ、自分の部屋に戻る。
⑤ 22:25 帰宅後マンションに人の出入りはあるものの、対象者は外出することなく部屋の電気が消えた。
しばらく待つが外出の気配はない。
⑥ 23:30 1日目は動きがなく終了。
(調査時間5時間)

2日目(火曜日)天候:雨

前日同様、特に変わった動きなし。(依頼者に報告)
(調査時間5時間)

3日目(水曜日)天候:曇天

① 07:16 対象者が会社のバスで出勤するのを、バイクチームが確認。
② 18:30 昨日のカフェに陣取り、チーム2はマンション近くで待機
③ 19:05 会社のバスがマンションに到着し、対象者の部屋に明かりがついたのを確認。
④ 19:55 対象者が出てきた。徒歩で移動のようなのでバイクチームは距離を置いて尾行。
我々のチームは、カフェにバイクを置いたまま徒歩にて尾行開始した。
⑤ 20:11 いわゆる『接客居酒屋』に到着した。
(女性従業員がお客のテーブルに座って、一緒に酒を飲むスタイルの居酒屋)
居酒屋に入店し、対象者の背中が見える席を確保した。
対象者は一人であったが、約10分程遅れて同僚らしき男性Mが現れた。
二人は上司の悪口や、日本に残した嫁の愚痴を肴に焼酎を飲んでいた。
隣に座っている女性従業員がビールのおねだりをしている。
(女性従業員は飲めば飲むほど、店の売り上げに貢献できるし、ドリンクバックがあるので頑張って飲むのだ)
対象者は常連なのであろう、隣に座った女性従業員の膝の上に手を置いている。
⑥ 22:25 対象者とM氏が会計するようだ。

この時に、アクシデント発生した。
調査員一人はトイレに行ったばかり、自分は店の会計に時間がかかり、出た時には二人の姿を見失ってしまっていた。
しかし、チーム2から連絡が入り、二軒隣にあるカラオケ店に入店したことが分かった。
⑦ 22:40 薄暗い店内で場末の雰囲気は否めないが、シラチャではこれが普通だ。
店内に対象者とM氏の姿が見えない。
個室に入ったものと思われるので、ところどころ破れた不揃いのソファーラウンジで、飲みながら待つことにした。
⑬ 23:48 対象者とM氏が会計を済ませ店を出る。
バイクチームが距離を置いて尾行する。
徒歩でそれに続く、対象者とM氏は同じマンションに住んでいるようで二人一緒に帰宅した。
⑭ 00:21 対象者の部屋の電気が消えたのを確認。
3日目終了(調査時間6時間)

4日目(木曜日)天候:曇天

① 18:30 前日同様、バイクチームはマンション近くで待機。
連日カメラを持った人間が長居しすぎると、店の人間からも怪しまれるので張り込み場所をタイ飯屋に変更する。
② 19:12 会社のバスがマンションに到着し、ほどなくS氏の部屋に明かりがついたのを確認

③ 20:01 動きがあった。
調査対象者のマンションに、女性が入っていったが見覚えがある女性だ。
昨日の接客居酒屋で対象者の隣に座り、親しそうに飲んでいた従業員Aだ。
この段階ではAが、対象者に会いに来たとは断定できないので監視を続ける。
④ 21:15 調査対象者とAが、マンションから出てくる姿を捉えた。
二人はマンション前からソンテウに乗り込み、シラチャーのはずれにある焼き肉店に入店した。
二日連続の内偵調査は気づかれる可能性が高いので、店の近くで待機することにした。
(依頼者に報告)
⑦ 22:43 1台のソンテウが店の前に止まった。
ほどなく二人が出てきて、ソンテウに乗り込み対象者のマンションの部屋に一緒に入った。
⑧ 23:30 その後も監視を続けたが、動きはなかった。
(調査時間5時間)

5日目(金曜日)天候:晴れ

依頼者と相談し、この日は朝から張り込みをすることにした。
① 06:00 対象者のマンションに張り込みを開始
② 07:10 会社のバスが来て乗り込んだのを確認したが、Aの姿は確認できていない。
昨夜の深夜帰宅したのか、現在も対象者の部屋にいるのかは判断がつかない。
③ 11:41 「いた!」対象者の部屋から、Aが出てくるところを望遠カメラが捉えた。
Aは部屋に鍵をかけ、その鍵を自分のポケットに収めた。
(合鍵を持っているということは一夜限りに関係ではない)
Aは第二対象者ではないが一応、彼女の後を追う。
④ 12:00 依頼者に状況報告を行う。
⑤ 12:07 Aが自分のアパートに戻った。
⑥ 15:40 自宅を出てバイクで店に向かった。
その後、通常通りに居酒屋で仕事をしている。

⑤ 19:33 対象者が会社のバスで帰宅した。
⑥ 22:00 その日の夜は対象者には動きはなかった。
(調査時間16時間)

6日目(土曜日)天候:晴れ

① 16:30 張り込み開始
② 19:36 対象者は徒歩で、Aが働く接客居酒屋に向かった。
調査期間が長いので、内偵は行わずに店外にて待機することにした。
③ 22:16 対象者が独りで帰宅したが、部屋の明かりは消えない。
④ 00:11 
日付が変わった深夜、Aが対象者のマンションに現れた。
自分の持っている鍵で対象者の部屋に入ったことを確認。
⑥ 00:30 調査終了
(調査時間8時間)

7日目(日曜日)天候:晴天

① 09:00 調査開始
② 11:15 二人がマンションから出てきた。
徒歩で近くのタイ料理店に入るのを確認したところで、依頼者Kさんに報告し調査終了。
対象者の浮気相手は接客居酒屋の従業員で、二人は半同棲状態だった。
(調査時間3時間)

【調査時間:7日間(実働48時間)】
(プライバシー保護のため社名や個人名は全て仮名とし、一部に脚色を施しています。また、文中での写真はイメージで本件とは関係ございません)

お問い合わせの内容が、こちらでよろしければチェックを入れてください。

Facebook にシェア

コメントを残す

*

CAPTCHA


EnglishGermanJapaneseRussianSpanishThai