浮気調査過去事例

重たい紙切れ

Facebook にシェア

【調査事例soi21】

依頼者:日本在住の40代日本人女性(仮名Yさん)
対象者:日本在住の50代日本人男性(仮名Oさん)

「あんた今度、浮気したら絶対に離婚だからね」
「わかってるって、うるせぇな。前にも言ったろ。今度、俺が浮気したらこの家もマンションも会社も全部お前にくれてやるよ。離婚するにも文句の一つも言わねえ。約束してやるよ」
「じゃぁ、今の言葉を念書にして判子を押してちょうだい」
「おお、わかったよ。判子でもなんでも押してやるよ」
(海外に出てしまえばこっちの物。まさか奥さんが海外の調査会社に依頼するとは、この時点では夢にも思っていなかったことだろう)

ご主人とはYさんが、17歳の時に子供ができたことで結婚した。
調査対象者Oさんは、高校中退して丁稚奉公からたたき上げ、今では地元で建築関係の会社を営んでいる。
一時期は、会社が傾くほど景気が悪かったが、
東日本大震災やオリンピック景気の関係でV字回復している。

Oさんは、ほとんど休む暇もないほど働いているが、
それは彼一人ではない。

事務仕事から銀行関係、お得意様への挨拶回りに至るまで、現場仕事以外はYさんが、全て仕切ってきたから今があり、『灯台守』の役目を果たしている。

同業者仲間と、旅行計画を半年前から練り、5泊6日でタイに行くことになった。
Oさんは仕事柄、酒を飲む機会も多く、親分肌なので周りに人が集まるが、
故に女関係も派手で、これまで依頼者は何度も泣かされてきた。

子供たちは娘二人とも嫁ぎ、今は大きな家に夫婦二人暮らし、
大きくはないが、マンション経営もしているほど事業も順調だ。

【調査内容】

① 主人は絶対浮気すると思います、証拠を取ってください。
(今度という今度は、浮気したら絶対に許さない)
② 調査中のは、一切報告しないでほしい。
(旦那が浮気しているとわかったら、私には自分を抑える自信がありません)
③ 6日間、到着からホテルチェックアウトまで、完全密着調査でお願いします。

【事前調査】

① 調査対象者の到着便確認
② 調査対象者の写真複数枚確認
③ 同行者の顔写真確認
④ 宿泊先での監視場所確認
(問題は宿泊先のデュ〇タニは、出入り口の数が多いことである)

【調査開始】1日目 天候:曇り一時雨

① 15:00 調査開始。到着予定時刻10分遅れで、スワンナプーム空港に到着した。
② 16:25 一行が出てきたのを確認した。
4人は空港タクシーで、予定通りバンコク方面に向かった。
バイクチームは、すでに宿泊先のデュ〇タニにて待機中である。
③ 18:09 渋滞を抜けて、デュ〇タニにチェックインした一行は、部屋に上がって行った。
④ 19:00 着替えて降りてきた一行は、タニヤ通りの酒屋にて両替を行い、タイ料理屋で食事を済ませた。
⑤ 20:40 タニヤの中でも最も元気な店「F-〇」
に入店したので後を追う。
各々選び個室に消えていった。
個室に入られては、中の様子がわからないので、
1時間で退店し店外で待機することにした。
⑥ 22:33 一行が店から出てきたが、女性同伴ではない。
次に老舗カラオケ店に入って行ったので、その後を追う。
ラウンジボックスに陣取り、気に入った女性がいたのかボトルを入れて飲み始め、
女性達とチーママ2名を含めた10人で、あっという間にボトルを空けていく。
⑦ 00:52 店を出た一行は、徒歩にてホテルに戻る。
1日目調査時間10時間

2日目 天候:バンコク曇り チェンマイ:晴れ

① 07:00 調査開始。
朝食レストランに姿を見せたのは、すでに朝8時を回っていた。
② 09:24 バッグに手荷物を小分けにし、スーツケースを転がしチェックアウトしているようで、予定外の行動だ。
③ 09:58 タクシーに乗り、走り出したので後を追う。
ドンムアン空港方面だ。
先に空港について、駐車場に車を入れたかったが、駐車場出入り口に到着する同時に一行の乗ったタクシーは、搭乗ゲートフロアーに到着していた。
追いついた我々の前には、見覚えのある女性4人がいた。昨夜の2件目の店にいた女性達だ。

タクシーで、一行の後を追った調査員が、すでに航空券を入手していた。
行き先はチェンマイだ。
④ 12:40 定刻通り、チェンマイに向け飛び立った。
対象者のパートナーは、20代後半の色白美人(C)だ。
⑤ 13:49 チェンマイ空港に到着した一行には、ドライバーが待っていた。
Cさんが先導して駐車場まで歩き、待っていたバスに乗り込んだ。
我々が乗った空港タクシーは、駐車場出口で一行が来るまで待たせてバスの後を追う。

到着したのは「ホ〇デイ・イン」だった。
一行がチェックインする間、目立たぬようにロビーで待機し、タイ人調査員一人が、チェックインカウンターに行き、空きがあるか否かの確認をしながら、対象者の部屋番号をチェックした。
その間に、チェンマイ出身の調査員と相棒Hには、レンタルバイク2台を手配させる。
⑥ 17:31 一行が、カップルごとに降りてきて、待たせていたバスに乗り込む。
距離をとり尾行すると、チェンマイランドの「〇門」という焼き肉店に入ったが、この店が小さく面が割れる可能性が高いので、外で待機することにした。
⑦ 20:08 店を出た一行は、ナイトバザールでゆっくりと買い物をしながら歩く。
⑧ 22:16 ホテル到着後、上階へと消えていった。
⑨ 23:00 2日目調査終了
2日目調査時間16時間

3日目 天候:チェンマイ快晴

① 07:00 調査開始
② 07:41 レストランに集まり始め、バイキング形式の朝食を済ませ上階に上がって行った。
③ 09:02 昨日のバスが、ホテルの前に横付けされ乗り込む。
バスは南西方向に進み、ドイ・インタノン(タイ国内最高峰の山)に向かう。
④ 11:56 運転手を含め9名を乗せた車両が、急な坂やヘアピンカーブを重たそうに登っていく。
バイクだと、100m上るごとに気温が下がるのがわかる。
この時期の頂上は、かなり気温が低く、上着を持たない我々は
風邪をひく前に途中まで下山し、麓近くで待機することにした。
⑤ 14:20 一行を乗せたバスが下山してきた後を追う。
⑥ 16:53 ホテル到着後、部屋へ上がって行った。
⑦ 18:03 8名を乗せたバスが走り出した。
到着したのは、ピン川沿いの有名イサーン料理店である。
同じメンバーで監視をしていると、尾行がばれてしまう可能性があるので、
離れた席に座ることにした。
一行は、日本から持ってきたであろう焼酎を開けて飲み始めた。
⑧ 21:21 一行がホテルに到着し、カップルごとに部屋へ上がって行った。
⑨ 22:00 動きがなく3日目調査終了
3日目調査時間15時間

 

4日目 天候:チェンマイ晴れ時々曇り バンコク:晴れ

① 07:00 朝食レストランから、調査開始する。
② 07:32 レストランで朝食を終えた一行は、上階に戻った。
③ 08:20 一行が降りてきた。
チェックアウトだ、レンタルバイクの返却やホテルチェックアウトの後始末をチームBに任せて、一行の後を追うことにした。
④ 08:51 バスに乗り込み、空港方面に向かう。
搭乗便は決まっているので、空港内では接触することを控える。
⑤ 11:50 ドンムアン空港に着陸し、一行は空港タクシーに分乗した。
相棒Hに駐車場に止めてある車を取りに走らせたが、間に合わないと判断しタクシーで後を追う。
⑥ 12:45 再び、デュ〇タニにチェックインすると思ったが、ここでC達とは分かれ、女性陣が帰っていく。
一行は、ホテルレストランで昼食を取りながら、今後の作成会議の様だ。
⑦ 13:50 チェンマイの後始末を終えたチームBも合流した。

⑧ 14:07 クロークに行き、それぞれの荷物を入れ替え始めた。
(また、移動するようなので、駐車場に止めた車をロビー前に移動させる)
対象者の仲間Kさんが、フロントに行き何か交渉している。
⑧ 14:31 フロント前に止まったバスに一行が乗り込んだ。
車一台に2チームが乗り込み、後を追うことにした。一行を乗せたバスは、パタヤ方面の高速道路に入った。
⑨ 17:08 パタヤに到着し「ホテル 〇ラ マーレ」にチェンクインした。
(Kさんが、デュ〇タニのフロントで予約したのは、バスだけではなかった)
一行が、エレベーターで部屋へ上がったことを確認して、すぐにチェックインカウンターに向かう。

「先ほどチェックインした、〇〇〇〇〇さんと同じグループです。予約は6室ですよね」
「いいえ、4部屋で承っております」
「デュ〇タニのフロントから、予約してもらったのですが」
「はい。デュ〇タニのフロント
から、4部屋と承ってます」
「何かの手違いだと思いますが、部屋は2室ありますか」
「はい。空き部屋はございますので、ご用意させていただきます」

予約なしのウォークインだと、このレベルのホテルでは、空き部屋があったとしても断られる。

レンタルバイクの手配をチームBに依頼した。
ロビーの監視は、相棒に任せて部屋に上がった。
流石に高級ホテルだけあって、設備もよければ眺めも良い。
夕日を眺めながら、シャワーを浴びてスッキリし、ロビーで監視している相棒と交代をした。
そこへバイクの手配を終え帰ってきた二人も、部屋でシャワーでも浴びてくるように指示する。
⑩ 19:01 一行が降りてきたが、調査員3名は上階にいる。
一行は、ソンテウには乗らずウォーキングストリートと反対方向に、ビーチロードを歩いて移動する。
通りの右側の「ト〇ットリア」というイタリア料理店に入り、食事を始めた時に調査員3名が到着した。
(ビーチロードは一方通行)
⑪ 20:25 店を出て歩いてソイ6に向かったが、ソイを往復して気に入る店がなかったのか、通りからソンテウに乗りウォーキングストリートに向かった。
⑫ 20:54 「シュ〇ーベイビー」に入り、ビールを注文して飲みだしたが、ここも気に入らなかったのか20分足らずで店を出た。

⑬ 21:20 店前に出ていたダンサーに、手を引かれるように「アイ〇ン」に入って行った。
すぐに出てくる可能性があるので、外でしばらく待機するが出てくる気配がないので一人で入店する。
一行は、ダンサーが踊っているカウンターに座っていた。
目立たぬように、斜め後ろの上段に座りビールを注文した。
ダンサーチェンジが終わると、3人のダンサーが一行のテーブルにつき、ドリンクを注文し膝の上に座る。
女性を選ばなかった1人は、違う店に移動した。
対象者は、まだ幼さが残る若い子を膝の上に乗せ、
胸元からチップをねじ込んで遊んでいるが、次のダンサーチェンジでは、キープせずにリリースし店を出た。
⑭ 22:53 相棒が追っているはずなので、時間をおいて店を出る。
一行は「バ〇ラ」で再び全員が合流したようだ。
⑮ 23:36 対象者とKさんが、女性二人を連れて出てきた。
対象者のお相手は「アイ〇ン」にいた女性よりもさらに若く細い子だ。
4人は人の波の中を歩き、パクソイからソンテウに乗りホテルに戻った。

フロントで、なにやらアクシデントがあったようだ。
「IDカードチェックで、女の子がIDを持っていなかったか、彼女たちが18歳未満だったのであろう」。

高級ホテルに連れ込む際には常識だが、日本から旅行で来た対象者が知らなくても当然である。
Kさんが、英語で交渉しているが、らちが明かないようだ。
4人はホテルを出て、ソンテウに乗り込んだ。
ソンテウは、ビーチロードからサウスパタヤ通りに向かい、安ホテルの前で止まった。
小さなフロントで手続きをして、階段で上の部屋へ上がって行った。
⑯ 01:38 4人が降りてきて、女性達は帰って行った。
対象者とKさんは、再びソンテウに乗りホテルに戻った。
⑰ 02:00 4日目調査終了
4日目調査時間19時間

5日目 天候:晴れ

① 08:00 調査開始
② 08:46 一行が朝食レストランに降りてきた。
初日に比べ、疲れが出ていいるかと思ったが、疲れているのは調査している我々だけで、4人に疲れた様子は見えない。
昨日のホテル入室を拒否された騒動を、面白おかしく話して皆で、大きな声で笑っているのが見える。
③ 11:08 一行が、荷物をまとめて降りてきた。チェックアウトの様だ。
④ 11:22 迎えに来ていたバスの乗り込み、バンコクに戻った。
⑤ 14:16 一行はデュ〇タニに戻り、荷物を受け取って部屋へ上がって行った。
我々は、エレベーターが見渡せる場所にて待機。
チームBは車内で待機させた。
⑥ 18:02 一行が降りてきた。この日はホテル内で夕食だ。
ということは、今日は出かけないのかもしれない。
⑦ 19:21 タクシーでスクンビット方面に向かった。
「ナナプラザ」2階の「レインボー〇」に到着した。
カウンターで踊るゴーゴーガールを見上げながら、ビールを飲んでいるが、女性を連れ出すことはなかった。
⑧ 21:09 スクンビット通りの横断歩道を渡り、バムルンラート病院方面のソイ3に入った。

「ロイヤル 〇ーデン ホーム」に向かった。
ここは、2016年3月に移転してきたばかりで一般の人は、
まだ、ソイ4の「ラ〇ャ・ホテル」にあると思っているはずの「白人専門の置屋」だ。
(今回の旅行のために、様々な情報を得てから来ているのだ)
以前は、ロシア系が圧倒的に多かったが、現在はトルコ系の女性が多く、運が良いとブルガリア・ルーマニアの「東欧の妖精」とも言われる、美少女に出会えることもある。
中に入るのを確認し、しばらく外で待つ。
20分経過したが、出てこないので、中に入るとすでに4人の姿はない。
香水がきつすぎる女性もいるが、中には本当に君が体を売るのか?
と疑いたくなるような、人形のような可愛い女性もいる。
ゆっくりと、一周して見て回り、外で4人の帰りを待つことにした。

⑨ 22:41 4人が出てきた。戦況報告をしあいながら歩き出したが、通りかかったタクシーに乗った。
⑩ 23:12 到着したのはタニヤ。チェンマイに一緒に行った女性(C)の在籍する店だ。
今回は調査は、日数も時間も長く面が割れている可能性があるので、通りで待機することにした。
⑪ 00:49 チェンマイメンバー再集合となり、盛り上がったであろう8人は、デュ〇タニのエレベーターで上階へ上がって行った。
⑫ 01:00 明朝、帰国なのでロビーにて、そのまま待機する。

6日目 天候:曇天

① 03:00 本日帰国予定、そろそろ降りてくる時間だ。
② 03:52 一行が降りてきた。各々がチェックアウトする。
対象者とCは熱い抱擁を繰り返し、ここで分かれ一行は、スワンナプーム空港に向かった。
依頼者Yさんに報告を行った。
5・6日目調査時間20時間

【調査時間:6日間(実働80時間)】
(プライバシー保護のため社名や個人名は全て仮名とし、一部に脚色を施しています。また、文中での写真はイメージで本件とは関係ございません)

お問い合わせの内容が、こちらでよろしければチェックを入れてください。

Facebook にシェア

コメントを残す

*

CAPTCHA


EnglishGermanJapaneseRussianSpanishThai